事例紹介 建具リフォーム

ドア(引き戸)修理|船橋市

ご依頼内容

今回ご依頼頂いた内容は、戸建て住宅のドア(引き戸)の修理でした。

症状としては、リビングの引き戸が引っかかり動かなくなっているとの事でした。

ご連絡を受け現地で確認した所、経年劣化により引き戸の戸車が削れて変形してしまったり、割れてしまっていました。

また床のレールの方も同じく削れてしまっており、床のフローリング面までえぐれてしまっている状態でした。

こちらのドアは永大産業製のドアでしたが、製造から時間が経っており、同じ部品は手に入らず、代替策での対応が必要となりました。

before

削れてしまったレール

削れた戸車

新旧の戸車比較(下が交換前)

 

作業内容

今回の工事は主に2つの作業を行いました。

1つは全ての戸車の交換で、扉2枚分で計4ヶ所交換しました。

事前に十分に採寸する機会を頂けましたので、ぴったり一致する部品を入手する事が出来ましたので、そのまま交換です。

※同じ部品はもう販売されておらず、入手できませんでしたので、互換性のある後継部品を使用しました。

 

もう1つはレールの交換です。

こちらも同じ部品の入手が出来ず、またご予算の関係から2本一体物ではなく、汎用品の1本ずつ独立したレールを使用しました。

こちらも事前にサイズを計測してありましたので、ぴったり戸車と合いました。

長さは現地でドア枠の内側に合わせてカットしています。

 

 

after

一体物ではありませんので、2本のレールをそれぞれ扉の中心を通る位置に合わせて取り付けています。

費用

計33,000円(税込)

 

ドア修理メニュー

詳細はこちら

※料金等掲載しております