事例紹介 建具リフォーム

ドアの開閉方向(外開きから内開き)

ご依頼内容

今回ご依頼頂いた内容は、店舗様から入り口ドアの開く向きの変更でした。

現在外開きになっている親子ドアを内開きに変更し、スペースを有効に使いたいとの事です。

ドアの開閉方向の変更は、ドア枠や使用している部品の取り付け状況により、工事の規模が変わってきます。

幸いにも今回はドア枠自体は動かさずに工事が出来ましたので、作業時間と費用を抑える事が出来ました。

 

before

手前側に開く様になっている

子ドアは分電盤に当たってしまいこれ以上開きません

after

作業内容としては、ドア枠についている戸当たりの位置変更、丁番位置変更・反転、ラッチ向き反転取付、フランス落とし位置変更、建付け調整、ドアクローザー位置変更、ドアストッパー位置変更となります。

向きを反転するだけとは言え、やることはなかなか多い工事です。

※もし掘り込み丁番であったり、戸当たりが埋め込みの場合はさらに作業が増えます。

ドアの開閉方向が逆になりました。

ぶつかっていた子ドアも部屋の内側に開く様になりました。(内側から撮影しています)

ドアストッパーやドアクローザーも反対の位置に付け替えです。

※元々ドアクローザーが付いていた箇所には目立つ穴が残ってしまったので、同色で穴を補修させて頂きました。

 

ドアの向きにより店舗入り口のスペースが制限されていたのが無くなり、ご満足いただけました。

費用

・ドア開閉方向変更20,000円×2

計40,000円(税別)

ドア交換・修理・調整メニュー

詳細はこちら

※料金等掲載しております

Copyright © FORCE-ONE 2021 , All Rights Reserved.