インターホン 工事メニュー 設備リフォーム

インターホン/ドアホン交換費用

インターホンは現在多くの住宅に設置されている機器ですが、経年劣化などで壊れてしまい、交換が必要になることがあります。

また、防犯の為にカメラが無いタイプからカメラ付きタイプに入れ替えするパターンも多くあります。

インターホンは10年~15年で寿命

インターホンは経年劣化で故障しますが、メーカー側としても10年~15年の耐久年数で設計している事がほとんどの様です。

ですので、大体それ位使っている場合は新しい機種への交換を頭に入れておくと良いかと思います。

いろいろなインターホンの種類

音声のみモデル

カメラが無いので、訪問者の顔を見ながら会話はできませんが、最低限声が聞ければよい場合におすすめです。受話器タイプで話しやすいのもポイントです。

カメラ付きモデル

現在主流となっているのはカメラ付きモデルです。ビデオ通話が可能で、防犯上大きな効果を発揮します。

さらにメーカーや機種にもよりますが、付帯機能がたくさんあります。

  • 録画機能
  • 不在時録画機能
  • 広角カメラ
  • 室内子機同士の会話
  • モニター機能(会話せず外の様子だけ伺う)
  • ワイヤレス子機で家中どこでも確認
  • 外出中でもスマホで確認
  • 火災報知器連動
  • ボイスチェンジ
  • 電子錠制御

ワイヤレスモデル

ビデオタイプのインターホンの一種ですが、ワイヤレスインターホンという物があります。こちらは屋外の機器と屋内の子機を配線で接続する必要が無く、配線工事が不要なモデルとなります。

メリット

・配線工事が不要で、新規取付など配線が通っていない場合に工事費用を抑えられる
・有線タイプに比べて自由なレイアウトが可能

デメリット

・取付場所や環境によっては、映りや音質が悪くなる事もある
・距離が遠くなると厳しい事もある
・有線に比べタイムラグを感じる事がある
・定期的な電池交換が必要
・配線工事は不要だが、外壁への取り付けなど知識がいる場合あり

チャイム

昔のお宅などに採用されているのが、音がなるだけのチャイムタイプです。

電源の取り方・配線工事有無

屋外子機と屋内親機を結ぶ連絡線

子機と親機を繋ぐ2芯の電線が必要です。
ワイヤレスタイプを除き、必須です。

親機の電源

親機の電源として、AC100V電源が必要です。

電源の取り方は電源直結タイプとコンセントタイプがあります。

電源直結タイプはその名の通り100V電線に直結する為、電気工事士による工事が必要となりますが、その代わり配線が裏に隠れるのでスッキリします。

コンセントタイプはお部屋にあるコンセントから100V電源を取るので、電気工事は不要となりますが、コンセントから本体まで電源コードが見えてしまうのが、見栄え上のデメリットです。

工事費用

本体価格

1万円~2万円

工事費用

・既存の配線が流用出来る場合 → 8,000円

・新規取付、既存の配線が使えない場合 → 15000円~

 親機、子機を結ぶ連絡線の工事 1万円~

 親機の電源工事 15,000円~

その他費用

開口工事費

配線工事費

遠方の場合:出張費

古いインターホンの処分:産廃処理費

業者選びについて

インターホン工事業者を探すと、最安など5000円~といった宣伝も見受けられます。ですが、人件費や交通費等のコストを考えるとその様な金額で出来るはずはありません。
逆に、そこから追加料金がたくさん出るのではないかと心配になってしまいます。

適正価格としては、基本工事で1万円前後、

追加で電源工事が必要な場合+1万5千円~
連絡線の工事が必要な場合+1万円~
※配線距離が長くなると増加

ぐらいだと思います。

ご相談ください

インターホンの故障や買い替えでお困りの方はご相談ください。

事前に金額を見積りが可能です。