施工事例など

パナソニックベリティス フラットドアストッパー

パナソニックの建具のベリティスシリーズの、マグネット戸当り(フラットドアストッパー)の取付方法です。
取り扱い説明書はパナソニック公式から、写真を見たい方は下記記事を御覧ください。

ドア側部品と床側部品を治具で連結

写真2枚目に写っている、黒い部品が治具です。

この床付け戸当りは、ドア側と床側の2つの部品から構成しており、
お互いの取付位置にクリアランス(隙間)を設けないと正常に動作しません。
そのクリアランスを手で調整するのは少し難易度が高いので、
この治具が同梱されています。間に挟んだ状態で固定をしてきます。

治具に載せた状態で、ドア側の取付ビスを固定。

先にドア側の固定が完了しました。

床側の部品を固定

治具を外さず、そのままドアを開きたい角度までもっていき、床側の部品に取付ビスで固定します。
この時、ドアハンドルやドア自体が壁などに当たらないか注意してください。
あまりギリギリにすると動かした時にぶつかってしまうかもしれません。

ドアを止めたい角度で床側の部品にビスを固定しました。

カバーを取付

最後は化粧カバーの取付です。
これは、はめるだけです。

完了です。
新築現場でもよく取付する部品ですが、取付自体はそんなに難しくありません。
故障してしまった場合など、部品さえ入手DIYでも取付可能ですので、ぜひお試しあれ。