エアコン修理 事例紹介

市川市エアコン修理(暖房がぬるい)

ご依頼内容

エアコン修理のご依頼でした。三菱製霧ケ峰、6畳用のエアコンの暖房が効かないとの症状。

夏の冷房は問題なく、暖房も最初は使えていたとの事でした。

実は、エアコン修理をしているとこの様なお話は割とあるパターンです。

冷房より暖房の方がかかるガスの圧力が高くなる事が関連していますが、暖房に切り替えた途端今まで使えていた効かなくなってしまいます。

 

作業内容

現地にてまずは冷媒ガスの圧力確認、計器にて測定してみると圧力計の針は0を指しています。

これは、ガスが入っていない事を表しています。すっからかん状態です。

 

お客様に状況を説明して、ガスを補充する前に、まず漏れている原因と考えられる箇所を対策しておいた方が良い事をお伝えしました。

お客様のご意向としても、全て対策をして欲しいという事でしたので、配管の接続箇所を全て再加工、再取り付け致しました。

そこからガスを規定量注入し、動作確認。

作業前とは見違える様に暖かい風が出てくる様になり、無事エアコン修理は完了です。

今回のお客様とは費用については交渉をさせて頂きましたが、今回の事例だと費用イメージは20,000円~30,000円です。

作業時間は1時間から1時間半です。

 

同様のお困りごとがある方はどうぞお気軽にご相談ください。