建具リフォーム

建具を引き戸に交換する

お部屋にあるドアを引き戸に交換する事はリフォームで可能です。

引き戸に交換するメリット

・スペースを有効活用できる。
 →開き戸タイプは、開く際に蝶番を軸に回るので、その範囲に物や家具が置けない為、デッドスペースが生まれます。引き戸ではそれを無くす事が出来ます。

・車いすなど、バリアフリー対応
 →上記と同じ理由で、車いす使用者の方は開き戸だと手前に開く時などとても使い勝手が悪いです。

・指詰めなどのリスク軽減
 →開き戸は丁番付近などに指を挟んだりすると、テコの原理でとても大きな力がかかります。小さいお子様がいたりすると心配です。(ただし、引き戸でも手を挟む可能性はあります)

引き戸に交換するデメリット

メリットだけではなく、デメリットもあるので、それを理解した上でのリフォームがおすすめです。

・気密性が低い
 引き戸は構造上、枠と扉を密着させる事が出来ないので、少しの隙間があいています。比較すると、音漏れなどがしやすかったりします。


・扉の収納スペースが必要
 開いた時に引き戸が格納出来るスペースが必要です。
 

生活スタイルに合わせて選びましょう

上記の様にメリットだけではありません。ですがそれぞれに優れた部分があるのは確かなので、ご自身の生活スタイルを見て、メリットの方が大きくなりそうであれば引き戸へ変更するのがおすすめです。

必要な工事

  • 既存ドアの撤去
  • 既存ドア枠の撤去(解体)
  • 解体に伴う壁の補修
  • (場合によっては)戸袋、ふかし壁の新設
  • 新規のドア枠の設置
  • 新規のドアの設置

費用イメージ

引き戸への交換はドア枠の解体まで必要な場合、15万円前後~です。
壁の新設などがある場合はさらに追加がある可能性があります。
費用を抑える場合は、既存のドア枠を残して引き戸を設置する事も可能です。
その場合の費用は10万円程度です。

お気軽にお問合せください。

建具、ドア、引き戸の交換のご用命でしたら、是非お問合せください。
引き戸への変更だけでなく、穴が開いたり壊れてしまった、デザインを変えたいなどの交換対応も可能です。
修理で済む場合は低コスト対応も可能です。